マッサージへ行き過ぎるのもあまり良くない

コリで他の症状もある人は行く必要が

コリとは、肩から首にかけての筋肉に、重苦しさや痛み等の不調が生じている症状の事です。筋肉の硬化や血液循環の不良により栄養分や酸素が末端まで届けられなくなってしまい、乳酸等の疲労物質が蓄積した事が原因と考えられています。

コリは、頭痛等の他の症状を伴うケースがあります。蓄積されている疲労物質が、神経を刺激するからです。症状が強い場合は、日常生活に支障をきたすケースもあります。このような場合に有効なのが、手技療法の一種であるマッサージです。血液循環を良好にする事により、栄養分や酸素を十分に送り届けられるようになります。

さらに、疲労物質等の老廃物を体外へと排出させるリンパの流れも促進されます。このために、マッサージはコリの改善と予防の両方の効果が期待できます。コリと共に生じている頭痛等の他の症状に対しても有効であり、日常生活を快適に過ごせるようになります。

ただし、症状がそれほどでもない場合は、必ずしも有効ではありません。逆に、マッサージを受けた事により、揉み返しと呼ばれる反動が起きるケースがあるからです。揉み返しとは、マッサージの刺激により筋肉の筋膜や筋繊維が損傷してしまい、炎症が生じた事による症状です。揉み返しを改善するためにマッサージを受けるという悪循環に陥ってしまいます。

筋肉の硬化や血液循環の不良に対しては、適度な運動が有効です。運動を行う事により、免疫機能が高くなるので、痛みや不調に対しての防御能力が強化されます。さらに、食生活の改善も有効な予防法となります。特に、代謝や消化の機能を高める酵素を含んだ食品が効果的です。蓄積されていた老廃物の排出がスムーズに行われるので、体の内側から状態を良化させます。

マッサージに頼るのではなく、これらの基本的な予防を行う事が必要です。他の症状が伴っていて、日常生活に支障をきたすような場合に限定するのが適当であり、健康状態をキープする事につながります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です